アニメ「ゆるキャン△」第6話に出てくるキャンプ道具を紹介!

★アニメ「ゆるキャン△」第6話に出てくるキャンプ道具を紹介★

こんにちは!HALCAMPのHALです。

今回は第6話「お肉と紅葉と謎の湖」で登場したキャンプ道具を紹介していきたいと思います。最後までよろしくお願いします!

 


~目次~

△第六話登場のキャンプ道具

 1,お母さんから受け取った荷物
 2,おじさんが使っていた道具1
 3,おじさんが使っていた道具2
 4,おまけ 四尾連湖で停まっていた車

△今回のまとめ▽


 ~アニメ、単行本を見よう!~
・「ゆるキャン△」を見逃した方はコチラ
「ゆるキャン△」1巻 まずは立ち読み!
・「ゆるキャン△」公式サイトはこちら!






第6話に出てくるキャンプ道具まとめ

リンはソロキャン用の新アイテム・コンパクト焚火グリルを手に入れた! これがあれば直火禁止の場所でも焚火や料理が作れる。思い付きで肉を焼いてみようかと言うと、その場に居たなでしこは焼肉キャンプだと思い込み大興奮し、週末にキャンプへ出かける流れに。なでしこの姉の桜に車を出してもらい、肉を買い込んで意気揚々と四尾連湖キャンプ場へ向かう二人だったが、このキャンプ場にはとある言い伝えがあって……。


1,朝、お母さんから受け取った荷物

笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君 3点セット

お馴染みの笑’sB-6君です。B-6君はグリルプレート、ハードロストルと本体の3点セットです。網を乗せれば焼肉が出来ますし、2.3mmグリルプレート黒皮鉄板を使ってもお肉を焼くことが出来ます。焚火をガンガンする人はロストルがすぐに歪むかと思いますので、このハードロストルだと厚みがありますので、標準装備のものよりは長持ちすると思います。予備として持っておくのも良いと思いますので、最初は3点セットを購入する事をオススメします。

・収納サイズ: 約181mm×122mm×18mm
・組立サイズ: 約215mm×122mm×165mm
・重量   : 約500g
・材料   : 0.6mm厚ステンレス・リベット
・静止耐荷重: 10kg
※火床の深さ: 約7cm

 


2,野クル下見中に出会ったおじさんが使っていた道具1

・ピコグリル398

全て折りたためばA4サイズくらいの大きさに収納可能です。サイズ感から小さい薪しか入らなそうですが、全体的にオープンになっているので、そこそこの薪まで燃やすことが出来ます。専用スピット(五徳串)を使うことで鍋料理も出来ますし、串として使えば焚火でお肉も焼けますので考えられたコンパクト焚火台と言えます。

ヒロシキャンプでも紹介していますのでコチラをどうぞ。

 


3,野クル下見中に出会ったおじさんが使っていた道具2

THERMAREST ラグジュアリーライト ウルトラライトコット

ウルトラライトコットは軽量コンパクトが売りです。ボウフレームテクノロジーという独自技術を使ったフレームを採用。柔軟な跳ね返りと張りのある構造で身体をサポートしてくれます。高さが10センチ程度ではありますが、生地の張りがしっかりしているので、地面に付くことはありません。そしてサーマキャプチャーという独自技術も詰め込まれておりますので、冬でも寒くありません。でも、お値段が少々高いです。

 

【商品スペック】
●重量 : 1249g
●寸法 : 61×183cm
●収納サイズ : 41×13cm
●耐荷重 : 147.5kg
●材質 : 超軽量ポリエステルリップストップ、アルミ、プラスチック
●生産国 : シアトル

 


4,おまけ 四尾連湖でお姉さんの車の横に停まっていた車

・日産 ラフェスタ

これまたかなり昔でもありませんが、日産の車になります。テールランプがちょっと変わった可愛い車ですね。車載能力はそこまで広くはありませんが、2列目シートにお子様を置いた時に見れるような設計で作られたとか。7人乗りではありますが、4、5人乗りと考えて乗るのがベストな大きさです。そして、天井に開かないサンルーフがついていて、スライドすると空が見える設計になっています。ちょっとおもしろい工夫がされている車です。


 




 

△今回のまとめ▽

今回は第6話「お肉と紅葉と謎の湖」で登場したキャンプ道具を紹介しました。他にもナイフはオピネルっぽいなとかあったのですが、分かりやすい道具をメインに調べてみました。「ピコグリル398」は入手困難なグリルですので、もし見つけたら買っといて損は無い商品だと思いますのでぜひ覚えておいてくださいね。最後まで読んで頂きありがとう御座いました!

HAL