アニメ「ゆるキャン△」第10話に出てくるリアルキャンプ道具を紹介!前編

★「ゆるキャン△」のキャンプ道具を紹介★

※3月18日に記事修正しました。

こんにちは!HALCAMPのHALです。

今回は第十話「旅下手さんとキャンプ会議」で登場したキャンプ道具を考察していきたいと思います。今までは過去に登場していないいキャンプ道具をメインに紹介していましたが、その話に登場したキャンプ道具を紹介する内容へ変更していこうと思います。過去記事も少しづつ修正していきますので宜しくお願いします。





 ~アニメ、単行本を見よう!~
・「ゆるキャン△」を見逃した方はコチラ
「ゆるキャン△」1巻 まずは立ち読み!
・「ゆるキャン△」公式サイトはこちら!






△第十話登場のキャンプ道具

「旅下手さんとキャンプ会議」のあらすじ

千明となでしこのアシストのおかげで無事、上伊那ソロキャンを遂行できたリン。ちょっぴり苦手だった千明とも打ち解け、リンは野クルのクリスマスキャンプの誘いを受ける。5人のグループキャンプに向けて計画を立てる野クルメンバーと斉藤。校庭で焚火をしていると、新しく赴任してきた鳥羽先生が慌てて注意をしにやってきた。その流れで、鳥羽先生は野クルの正顧問に着任。でもこの人、どこかで会ったことがあるような……?


 

  1,無事到着、テントの設営

▽mont-bell ムーンライトテント 3型

~このテントは?~
 
リンちゃんのメインテントである「モンベル ムーンライトテント3型」です。今回は設営時に風邪に飛ばされて大変な事になっていましたね。ペグを少しづつ打ちつつ設営して飛ばされないように注意しましょう。
モンベル・テントの定番モデル。とても簡単に設営出来るので初心者には最適なテントです。ムーンライト1型~9型まであって、大きさが変わってきます。「ゆるキャン△」で登場するムーンライト3型は総重量3.8Kgと軽量です。内容物はテント本体1、フライシート1、フレーム1本、ペグ10本。防水性・通気性を誇り難燃加工をしているので火の粉が飛んでも自己消火して燃え広がらない作りです。また、軽量ながら広々とした広い空間ですので、2~3名程が中で泊まることが出来ます。ソロキャンプだったら十二分な広さです。
 
~商品スペック~
 
●キャノピー:70デニール・ナイロン・リップストップ[通気撥水加工、難燃加工]
●フロア:70デニール・ナイロン・タフタ[耐水圧2,000mmウレタン・コーティング、難燃加工]
●フライシート:75デニール・ポリエステル・タフタ[耐水圧1,500mmウレタン・コーティング、難燃加工]
●ポール:7001超々ジュラルミン[アルマイト酸化皮膜加工、難燃加工]
●本体重量 3.6kg(3.8kg) ※( )内は総重量です。
●特長 月明かりの下でも設営が容易/A型形状のフレームで、居住性に優れる
●構成 テント本体1、フライシート1、フレーム1本、ペグ10本
▽オススメポイント設営が簡単、難燃加工、通気性、居住空間を考えると1~2名で使うには機能性十分なテントだと思います。デザインも派手すぎずで長く使えるテントでしょう。

 


2,水場を探しに…

▽GENTOS  LEDランタン エクスプローラー 380lm SOL-036C

~このランタンは?~
 
こちらもお馴染みになっているジェントスのランタン。
ガソリンランタンやオイルランタンも人気ではありますが、燃料を考えなくて良いLEDランタンも人気です。このランタンは3色調色機能を持って、白色・昼白色・暖色に光の色を変更できます。キャンドルモードは光量がランダムに変化し、ろうそくの炎のようなゆれを再現します。他、カバー部分を外し、逆さまに吊るしても使用出来ます。ソロキャンプだったら尚更LEDランタンは重宝すると思います。使用電池は単3アルカリ乾電池×6本となっています。
 
~商品スペック~
 
●チップタイプ 暖色LEDx4灯+白色LED4灯
●スイッチ機能
・インスタントオフスイッチ
・スムースディマー
・スローライティングスイッチ
・バッテリーインジケーター
●明るさ 約380ルーメン
●オペレーション
NW(白色)>CW(昼白色)>WW(暖色)>キャンドル(暖色)の4モード
●使用電池
・単3アルカリ乾電池x6本
・エネループ使用可能
●電池寿命:14h>24h>28h>90h
●本体サイズ:Φ73×158mm
●付属品:ハンガーフック
▽オススメポイントファミキャンなので使うのならちょっと物足りない光量です。500ルーメンは最低ほしいなとは思いますが、ソロキャンのランタンとしては問題無いレベルだと思います。

 


3,灯台のもとでお茶しよう。

▽キャプテンスタッグ  テーブル アルミ ロールテーブル コンパクト

~このテーブルは?~
1人用キャンプ、チェア横に置いたりするのに最適なアルミローテーブルです。アルミ製で重量が700gと非常に軽いにも関わらず、耐荷重は30kgとかなり強度が高くてタフです。専用のキャリーバッグ付です。ソロキャンプするには持っておいたほうが絶対良いアウトドアギアです。しかもコスパ最高!名品です!最近、アウトドア用品店でもかなり売れているらしいですよ。
 

~商品スペック~
 
●組立サイズ(約)幅400×奥行290×高さ120mm
●収納サイズ(約)70×60×長さ400mm
●重量 (約)700g
●耐荷重 (約)30kg
●甲板材質:アルミニウム(表面加工:アルマイト)
●脚部材質:鉄(エポキシ樹脂塗装)

▽オススメポイント書くことが難しいくらい、とりえず買っておいて損は無いレベルのテーブルです。ソロキャンの調理テーブルに、就寝時の隣に物置として使うテーブルにも最適な大きさです。

 


▽コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット

~このクッカーは?~
 
ノンスティック加工で焦げつきにくいのが特徴です。野外だと洗い物が大変ですが、このクッカーだったらテッシュで拭くだけでキレイになります。そして取っ手も熱くならなく、注ぐ口も付いて蓋は器にもなるので万能クッカーです。ソロキャンプならこれ一つで十分かなと思います。今回は冬期なので水が出ないアクシデントに見舞われましたので、こんな時はすごく便利ですね!

 
~商品スペック~

●サイズ:ポット/約φ12.5×10(h)cm、900ml
カップ/約φ12×5(h)cm、400ml
●収納サイズ:約φ12.5×15(h)cm
●重量:約250g
●材質:アルミニウム(ノンスティック加工)、シリコン、ステンレス(ハンドル)
●付属品:メッシュポーチ

▽オススメポイント使った後、洗いに行くのが面倒。でもこのクッカーはテッシュなで拭いてあげればキレイになります。念のためにウェットティッシュも使って上げると安心です。

 


▽alite エーライト メイフライチェア2.0

~このチェアは?~
超軽量ポータブルチェア。前足のフレームを外してロッキングチェアとしても使えて遊べます。座り心地は包まれた感じで快適で、地面につくかつかないかの高さがまた良いんですよね。専用の袋も付いていて、持ち運びも便利。なんと言ってもソロキャンパーは荷物を小さくしたいので、このチェアなら文句はないと思います。冬場にそのまま使うと地面から冷気が来て寒そうですので、座る時は何か一枚座面に敷いてから座るのをオススメします。
 
~商品スペック~
 
●重量 0.72kg
●素材 210Dリップストップナイロン
    7000シリーズアルミニウム
●収納時寸法 H 29.2 × W 10.8 × D 10.8 cm
●使用時寸法 H 51.4 × W 52.0 × D 38.1 cm
●座面高さ 5.1cm
●耐荷重 113.4kg
▽オススメポイントゆったりまったりしたいならこのチェア。マンガ6巻にも登場しますが、2つ使ってハンモック風に使うのも面白いです。

 


▽ソト マイクロレギュレーターストーブウインドマスター SOD-310

~このシングルバーナーは?~
 
SOTOの定番バーナーであるウィンドマスターになります。火が出る部分が凹んでいて、横風から守る事ができます。写真左のゴトクを上部に取り付けてつかう形になりますが、コンパクト優先なのかさほど大きくはありません。使用缶はOD缶。コンパクトクッカーの中に全て収納出来るくらい小さいですので持ち運びに便利です。
 

~商品スペック~
 
●セット内容 :
・本体(ボンベ別売)、3本ゴトク(トライフレックス)、収納ケース
●適合ボンベ :
・パワーガス 250 トリプルミックス SOD-725T
・パワーガス 105 トリプルミックス SOD-710T
●バーナー単体(ゴトクなし) :
・寸法:幅90×奥行117×高さ100mm(使用時)、幅47×奥行51×高さ88mm(収納時)
・重量:60g
●標準セット3本ゴトク(トライフレックス)使用時 :
・寸法:
幅90×奥行117×高さ100mm(バーナー+ゴトク使用時※1)
幅94×奥行10×高さ35mm(ゴトクのみ収納時)
・重量:67g(バーナー+ゴトク) 7g(ゴトクのみ)
・発熱量:3.3kW(2800kcal/h)
※気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
・使用時間:約1.5時間(SOD-725T使用時)、約0.68時間(SOD-710T使用時)
※気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。
・材質:バーナー・ゴトク・器具栓つまみ:ステンレス、点火スイッチ:樹脂

▽オススメポイントOD缶のシングルガスバーナーで迷っているならコレ。スノーピークも捨て難いですが、ゴトクの安定性や横風を考えるとウィンドマスター一択です。

 


▽SOTO ウインドマスター用ゴトク SOD-460

~このゴトクは?~
ウィンドマスター標準ゴトクでは少し物足りない。その為のオプションです。こちらに付け替えた方が安定感がかなり増します。17cmまでのコッヘルに対応する大型4本ゴトク。調理を重視した使い方やグループでの使用に最適です。ウィンドマスターとゴトクは最初にセットで購入する事をオススメします。
▽オススメポイントこのオプションを使うとゴトクの安定性が劇的に上がります。付けたままでも収納はコンパクトですので、余裕があったらコレは必ずかっておくべきゴトクです。

 


【初登場】▽ホットサンドメーカー

~このホットサンドメーカーは?~
 
豚まんを挟んでカリカリに仕上げたホットサンドメーカーになります。ゆるキャン効果か作っている人が沢山投稿していますね!コンビニの肉まんはそろそろ引き上げるはずですので、同じ様なカリカリ肉まんを作りたいならお早めに!
 
~商品スペック~
 
●商品サイズ(cm)
本体:幅約15×全長約35×高さ約3.2
焼面サイズ:縦約14×横約12
●板厚:1.8mm
●重量(g)
約360
●材質
本体:アルミニウム合金(フッ素樹脂加工)
ハンドル:フェノール樹脂
ハンドル金具:18-0ステンレス
金具ネジ:アルミ
フック:18-8ステンレス
●商品仕様
IH:×
直火:◯
食洗機:×
電子レンジ:×
▽オススメポイント中にはパンだけではなく、ステーキ肉をホットサンドメーカーで調理する方もいます。使い方の発送を変えればスキレットに近い使い方も出来るので重宝すること間違いありません。





△今回のまとめ▽

今回は第十話「旅下手さんとキャンプ会議」で登場したキャンプ道具紹介させて頂きました。一番注目なのはホットサンドメーカーですね!コールマン、チャムス、PoLeRなどもホットサンドメーカーを出していますが、鉄板部分にロゴは入っていて焼き目が入って可愛いです。見た目も楽しみたい方は是非チェックしてみてくださいね。

最後まで読んで頂き有難うございました。

HAL