【買ってみた】コールマン蛍光管ランタンを買ってみた。




【買ってみた】コールマン蛍光管ランタンを買ってみた。

こんにちは!HAL CAMPのハルです。

今日はフェアーハンドランタンの他に持っている蛍光管ランタンをレビューしていきます。正直、電池式ランタンを毛嫌いしていた部分があったのですが、液体燃料を沢山持っていくと考えると怖かった事、たまたま安く手に入ったので購入しました。既に販売終了している商品なのでどこかで見つけた時の参考にしてもらえたらと思います。

・コールマン レトロランタン 5312 15w(販売終了)

【スペック】

  • 明るさ    (約)15W(High時)
  • 使用バルブ   15Wスパイラルチューブ蛍光管
  • 使用電源    単一形乾電池×8本(別売)
  • 連続点灯時間 (約)14時間(High)、(約)26時間(Low)、(約)100時間(Night light)
  • サイズ    (約)直径17×33.5(h)cm
  • 重量     (約)950g
  • 材質 ABS、他
  • 機能 3段階光量調節(High/Low/Night light)
  • 仕様 防滴

3通りの使い方が出来ます。シガーソケットから電源を取る、ACから電源を取る、単一電池8本で稼働する。シーンに合わせた使い方を出来るみたいですね。実際、私は単一電池でしか使っていません。中にはこの単一電池8本を懸念する方がいるみたいですが、これがメリットだとも感じました。

良い点その1, 稼働時間を長く取れる

当たり前の話ではありますが、電池の大きさに比例して容量が変わります。単3と単1電池の容量は約6倍程違う為、もしスペーサーなどで使うと、そもそもの明るさや使用できる時間が大きく変わるので単1電池推奨です。

 

良い点その2, 重さを確保出来る

これ、電池抜いたらすごく軽いです。オイルランタンと比べると同じくらいの重さでしょうけど、風の影響等を考えると重さが合ったほうが個人的には良いなぁと思います。流石に単1×8本も使うのでかなりの重さがありますのである意味安定性がありますので重さは合ったほうが良いのかな?と感じました。完全素人目線です。

 

■調光や使い勝手

スペック表を見れば分かりますが、明るさはHI、LOW、NIGHTと切り替えが可能です。

流石にNIGHT使う人が少ないのでは?NIGHTの場合はココが明るく光ります。

後はつまみで明るさ調整。言うほど悪くない光加減かなと思います。左がHI、右がLOWです。

あまり明るさの差がわからないですね…。後はACアダプター用の穴があるくらい。他は至って普通の電池式のランタンです。他にも電池式のランタンを持っているのですが、このランタンの方がパワーがあって使い勝手は良いのかな?と感じます。

あとは専用ケース。

中にはクッションが入っているので安心です。ランタンを使わない時は普通にケースとして使わせてもらっていました。

■結果、買って良かったか?

今時、蛍光管というのはアリかナシかは分かりませんが、少なからず明かりの好みでしょう。LEDよりは全然良いと感じました。最近のLED自体は初期よりも明かりの拡散方法が変わってきているので良くなっては来ていると思いますが、LEDよりは蛍光管の方が温かみが感じられます。やっぱり結局は火には敵いませんけどね。

後は電池消費量。コスパを考えると…ですが、正直キャンプ場で節約は考えたくないのでコレはコレで長く使っていきたい商品だと思います。ですが、レビューしといて販売終了ですので、ヤフオク等で安く見つけたら手に入れても良いと思います。

HAL