アニメ「ゆるキャン△」野クルメンバーのキャンプ道具まとめ

★ゆるキャン△ 野クルメンバーのキャンプ道具まとめ★

こんにちは!HALCAMPのHALです。

今回は過去12話で登場した野クルメンバーのキャンプ道具をまとめましたので参考にしてもらえればと思います。各商品毎に商品スペックを記載しておりますので、参考にして頂ければと思います。




~目次~

△野クルメンバーのキャンプ道具

1,ネットで購入した激安テント
2,なでしこの家の物置から出てきたテント
3,なでしこ愛用のコンロ
4,野クルの備品ポット
5,野クル備品のトライポッド
6,なでしこ愛用のランタン
7,大垣さんが買った焚火台
8,斉藤さんが親に買ってもらった寝袋
9,なでしこがアルバイト代で買ったテーブル
10,なでしこがアルバイト代で買ったチェア
11,なでしこがアルバイト代で買ったランタン
12,野クル初キャンプの焚火

△今回のまとめ▽


 ~アニメ、単行本を見よう!~
・「ゆるキャン△」を見逃した方はコチラ
「ゆるキャン△」1巻 まずは立ち読み!
・「ゆるキャン△」公式サイトはこちら!






△野クルメンバーのキャンプ道具

1,野外サークル備品のテント

GIGANTIC TREE 二人用テント

初心者でも簡単に設営出来る、ポール2本のシンプル構造で組立が簡単です。総重量も1.3kgで収納ケースも付属しています。過去に散々紹介してきていますが、寒い日は冷気がガンガン入ってきます。逆に夏場は空気の逃げ場が入り口と天井だけなので暑く、フライシート(テントの上にかけるもう一枚の布)がないので雨漏りはする可能性が大きいです。タープ下で使う事を考えると大丈夫かなと思います。

 

【商品スペック】

組み立て時:W140×D200×H90cm
専用バッグ収納時:約W54×D13×H21cm
重量(約):1.3kg
収容人数:2人
材質:170Tポリエステル布地 90gPE布 ファイバーロッド ガラス繊維
セット内容:テント本体、屋根、ペグ、ポール、ペグ収納袋、ロープ、収納バッグ

 


2, なでしこの家の物置から出てきたテント

組立式サンシェードテント

テントではなく日よけ用テントになります。夏場にバーベキューする時、海などでの日除けで重宝します。天井にはランタンをぶら下げるフックも付いています。日除け用テント中には全体を多い被すメッシュがついている物もあるので、虫が多い季節なんかには虫をさえぎってバーベキューをするには最適な物もあります。

 

【商品スペック】

セット内容 本体×1、収納袋×1、ポール×2、ペグ×4、台紙兼取扱説明書×1
サイズ 使用時:約240×200×160cm
収納時:約12×12×65cm
材質 本体:ポリエステル、PVC
パイプ:グラスファイバー
重量 約985g
生産国 中国
使用上のご注意 ●本製品はアウトドア用に携帯性を重視した商品です。常設での使用や、用途目的以外での使用はしないでください。

 


3,なでしこ愛用のコンロ

岩谷産業 カセットフー スーパー達人スリム

同等商品が見つからなかったので、カセットボンベで安心なメーカーをチョイスしました。キャンプやバーベキュー=炭というイメージがありますが、カセットコンロでも十分活躍してくれます。使用するガスボンベはコンビニは100均でも購入出来ますし、使った後の後片付けが楽です。そしてこのコンロの特徴として、高さが無いので鍋をした際に使いやすい設計です。結果的に行きつく所はカセットコンロなのかも知れません。キャンプ以外でも災害時のことも考えて、カセットコンロとボンベのセットは常備しておきたい所です。

 

 【商品スペック】

本体サイズ:335(幅)×275(奥行)×84(高さ)mm
重量:約1.3kg
カラー:カッパーオレンジ
材質: 本体:鋼板(静電塗装)トッププレート:プレコートフッ素鋼板ごとく:耐熱アルミダイカストバーナー:耐熱アルミダイカスト器具せんつまみ:ABS樹脂
ガス消費量:約236g/h ※1連続燃焼時間:約70分
※2点火方式:圧電点火方式安全装置:圧力感知安全装置、
他容器着脱方式:マグネット
方式使用ガス:イワタニカセットガス
使用できる鍋の大きさ:目安として9号土鍋生産国:日本
※1 気温20〜25℃のとき、30分間のガス消費量を1時間に換算したもの
※2 気温20〜25℃のとき、強火連続燃焼にてカセットガス1本を使い切るまでの実測値

 


4,野クルの備品ポット

コールマン(Coleman) ファイアープレイスケトル

「コールマン ファイアープレイスケトル」。注ぎ口に蓋が付いており、灰などが入らないように工夫されています。あとは吊るす時に傾かないように凹んで引っ掛ける場所がついていますので安心です。ファイアープレイスケトルという名前の通りで火で使う事を想定しているので、ゴムなどの溶けるような部品が付いていませんので安心して火にかけられる仕様になっています。ただ、直火でポットを温めているので、必ず軍手をして触るようにしてくださいね。確実にやけどします。

 

【商品スペック】
●サイズ : 約13×22×23(h)cm
●総重量 : 約570g
●容量 : 約1.6L
●材質 : ステンレス

 


5,野クル愛用のトライポッド

ロゴス miniトライポッド

今回登場したトライポッドではありませんが、参考までにロゴスのトライポッドを紹介します。焚火台をまたいでこのキャンプ道具は使用します。真ん中に吊り下がっているチェーンの耐荷重は約20キロ。焚火の高さに合わせてチェーンの長さを調整して使用します。ここにダッチオーブン、ポットを吊り下げて使います。大きな鍋をぶら下げて、囲炉裏風に使うのも面白いでしょうね。大体は焚火調理時に使うのですが、ランタンをぶら下げてサテライトライトとして使う事も可能です。

 

【商品スペック】
●総重量 : (約)500g
●サイズ : (約)50×43×80cm
●収納サイズ : (約)35×5×5cm
●耐荷重目安(静止荷重) : (約)20kg
●主素材 : アルミニウム、ステンレス

 

 


6,なでしこ愛用のランタン

スマイルライト LEDランタン ランプ


コンパクトで可愛いランタンですが、あくまでも飾り程度でしか使えません。ほとんど光量が無いので、メインランタンとしては使えませんので、インテリア程度で使うことをオススメします。

 

【商品スペック】

本体サイズ:直径11×高さ17cm
灯光カラー:ホワイト
素材:本体/ABS樹脂、レンズカバー/ポリプロピレン、スイッチカバー/シリコン
重量:約280g

 


7,大垣さんが買った焚火台

ユニフレーム ファイアスタンドII

ユニフレームの軽量焚火台。特殊耐熱鋼メッシュの上で薪などを燃やします。シンプルすぎて心配ですが、耐荷重は5kgと特に困るほどでもありません。ソロキャンプや少人数で焚火をする分には十分な大きさです。ただ、灰や火種がが落ちる可能性があるので、使う際はあまり大きな火を出さないように気をつけたほうが良いかも知れません。心配な場合はトレイや耐熱布を下に敷いて使うのをオススメします。収納時は畳んで丸めてコンパクトサイズになるのが一番の魅力でしょう。

 

【商品スペック】

■サイズ/使用時:400×400×300(h)mm
収納時:直径60×570mm
■材質/メッシュシート:特殊耐熱鋼FCHW2・スタンド:18−8ステンレス
■重量/490g
収納ケース/ナイロン

 


8,斉藤さんが親に買ってもらった寝袋

NANGA UDD BAG630DX

ナンガのアルピニスト800は廃盤になっていた為、同等性能の寝袋をチョイスしました。DXの羽毛に超撥水加工を施した高品質で高機能ダウン(770FP)を使用し、最大の弱点であった水濡れを克服しています。独自の加工技術で撥水剤の樹脂を羽毛に付加し超撥水の性能を羽毛に施したもので、特長としては、通常の羽毛よりも痛みにくいため、手入れも簡単で、さらに乾燥時間も通常の羽毛よりも短くて済みます。加工に使用している薬剤は発ガン性の恐れのあるPFOA、PTFEを含まない薬剤のため安全です。使用最低気温は-30℃、快適な温度は-5℃~-10℃の設定になっています。

 

【商品スペック】

[快適使用温度] -10℃
[使用可能限界温度] -30℃
表生地:15dnナイロンシレ撥水加工
裏生地:15dnナイロンシレ撥水加工
内部構造:台形ボックスキルト構造
ダウン量:630g
フィルパワー:770FP
付属品:ショルダーウォーマー
収納サイズ:φ17×31cm
総重量:1.045g

 


9,なでしこがアルバイト代で買ったテーブル

NEUTRAL OUTDOOR NT-TC03

ニュートラルアウトドアのコンパクトテーブルかと思われます。丸めて棒状にまとめて収納できます。布天板ながら、7本のフレームを内蔵しています。小物を収納出来るメッシュポケットが両サイドに付いています。

 

【商品スペック】

●サイズ 約54x40xH40cm (収納サイズ:約7x7xH56cm)
●重量 約738g
●耐荷重 約5kg
●素材 アルミ合金・PVC600デニール
●付属品 収納袋

 


10,なでしこがアルバイト代で買ったチェア

alite エーライト メイフライチェア2.0

リンちゃんと同じメイフライチェアの色違いです。座面は地面に程よく近い高さなので、まだ背の小さいお子様でも座りやすく、尚且超が付く程快適な座り心地の座面。強くて抜群の安定感のライトウェイトフレームなのでロースタイルキャンプなどのアウトドアにもおススメ。取り外し可能な前足ポールを外して後ろ足だけで使ってロッキングチェアとしても使えます。専用の袋も付いていて、持ち運びも便利。なんと言ってもソロキャンパーは荷物を小さくしたいので、このチェアなら文句はないと思います。

 

【商品スペック】

●重量  0.72kg
●素材  210Dリップストップナイロン/7000シリーズアルミニウム
●収納時寸法  H 29.2 × W 10.8 × D 10.8 cm
●使用時寸法  H 51.4 × W 52.0 × D 38.1 cm
●座面の高さ  5.1cm
●耐荷重  113.4kg

 


11,なでしこがアルバイト代で買ったランタン

コールマン(Coleman) ルミエールランタン

 

OD缶(アウトドア缶の略)を使ったキャンドル風ガスライト。カリブーで一目惚れしたランタンです。普通のランタンとは違って周りを明るく照らすだけの光量はなく、テーブルなどを優しく照らす程度ですので雰囲気作りのイメージの方が良いかも知れません。単行本1巻表紙にも登場したキャンプ道具になります。(過去記事はこちらから)コレが有る無しでは夜の雰囲気が断然と変わるので、出来たら思っておきたい一品です。スノーピークでも同じような商品で「リトルランプ ノクターン」という商品もあります。どちらも劣らず可愛いランタンです。

 

【商品スペック】

●燃焼時間:約28〜38時間(230g缶使用時)
●本体サイズ:約φ7.3×6×18.3(h)cm
●重量:約210g
●付属品:プラスチックケース
●使用グローブ:Model 205602

 


12,野クル初キャンプの焚火

ウッドキャンドル(正式名称:スウェディッシュトーチ)

 

発祥はスウェーデンでは無く、フィンランドの発祥です。呼び方が沢山あって、ウッドキャンドル、スウェーデントーチ、スウェディッシュトーチ、木こりのろうそくなどなど。

薪に切れ目を入れて、そこに着火剤などを入れて火を付けます。その薪の上で調理をしたり暖を取ったりします。野クルは針金で薪を纏めてやっていたので燃えていく途中で崩れました。通常は薪の途中まで切れ目を入れて作る為、中が燃えて周りが残り、崩れることは燃え尽きたくらいになるかならないかです。

 

【商品スペック※この商品】

・長さ40センチ
・カンタン着火セット、取扱い説明書付

 

★ウッドキャンドルの作り方

ちょっとチャレンジしてみたい方の為にウッドキャンドルの作り方を紹介します。

まずは薪を用意します。出来たら幹がまっすぐで火付の良い「カラマツ」がベストです。でも、薪は用意出来ても、、、作るのはちょっと大変です。

チェーンソーで切れ目を入れます。そうすることで着火剤を中に入れるだけの隙間が出来ます。。そもそも一般家庭にチェーンソーがあるのは稀。ですので本格的なウッドキャンドルが欲しかったらネットなどで出来たものを購入することをオススメします。ノコギリで切れ目を入れることも出来ますが、隙間を開ける手間が相当かかりそうですからね。

ですので、簡単に手軽に作るなら、やっぱり針金などで巻きつけて作るのが一番です。しかし、ウッドキャンドルは薪の半分ちょい下くらいまでしか切れ目をいれません。薪を針金でつなげるとなると、最後まで燃焼する可能性があるので、野クルみたく崩れない為にも巻く箇所を多くしたほうが安全です。そして、ウッドキャンドルで調理はしないほうが無難です。倒れてやけどなんかしたら最悪ですからね。

他にも丸太じゃなくても角材でも良いです。結局は木の間を燃やすことが出来れば同じ原理という事ですね。

 

★燃焼時間はどのくらい?

ウッドキャンドルの燃焼時間は「切れ目の数」で変わってきます。切れ目が多ければ空気の入ってくる量が多くなるので火力が強く燃焼時間が短くなります。クロスで切った場合の大体の燃焼時間は2,3時間程度です。これ以上の切れ目を入れるともっと早く燃焼します。ちなみにスウェーデンではストレート、フィンランドだとクロスで切れ目を入れるみたいです。土地によって違うんですね。

 

 


 




△今回のまとめ▽

今回は過去12話で登場した野クルメンバーのキャンプ道具を紹介させて頂きました。キャンプシーズン突入しますので、これから買うキャンプ道具の参考にして頂ければと思います。

最後まで読んで頂き有難うございました。

HAL